簡単ダイエットをご紹介。

最終更新日:2014/9/11

簡単体操で、ダイエット

 簡単なダイエットの方法として自宅で出来る簡単なダイエットの体操をご紹介したいと思います。ダイエット体操は、主に筋肉を鍛えて贅肉を落とすエクササイズと、筋を伸ばして新陳代謝を高めるストレッチとがありますが、エクササイズとストレッチの両方を取り入れることで、無駄な脂肪のない弾力性のある体作りを行うことができます。エクササイズは週に3〜5回が目安となります。自分の体調や体力に合わせたものを選び、何よりも続けることが大切です。それではいくつか、簡単なダイエットの体操方法をご紹介したいと思います。

■ウエストやお腹周りの体操

  1. ひざを床につき肩幅に開きます。両手でタオルをにぎり 肩幅を前に伸ばします(ひざ下にクッションを敷きましょう。)
  2. 上体をゆっくり後ろに反らし、太ももと腹筋に軽く力が入るところまで倒します。
  3. 息を吐きながら ゆっくり左に腰を回します。息を吸いながら上体を正面に戻したら、再び息を吐きながら反対側へ回します。ウエストを引き締めると同時に、太ももにも効果があります。

ナジャハウスでは、着心地、デザイン、仕立ての三拍子揃った衣装を提供しています。

■脚や足首の体操

  1. 階段など床より一段高い所に立ち、安全のために片手は壁におきましょう。両脚は軽く開き 足の前半分を乗せて立ち息を吸います。
  2. 息を吐きながら ゆっくりかかとを上げます。ふくらはぎに意識を集中させましょう。息を吐ききったら、次に息を吸います。
  3. 息を吐きながら かかとをゆっくり下ろして、ふくらはぎを充分に伸ばします。足首からふくらはぎを引き締める効果があります。

■二の腕の体操

  1. ひざを曲げて床に座り、両腕を後ろに置きます。指をおしりの方に向けましょう。
  2. 体重を手首側に乗せるようにして ひじが 外を向かないよう注意しながら、ひじを曲げます。二の腕の内側にジワッと効いている感覚があればグッドです。それを、ゆっくりと5回繰り返します。

■下半身の体操

  1. 両脚をそろえ背筋を伸ばして立ちます。手は頭の後ろにおきましょう。
  2. 息を吐きながら片方の脚を大きく前に出し腰を落とします。ひざの角度が90度になるように気をつけましょう。息を吸いながら脚を元に戻し 同様に反対の脚も行います。左右交互にゆっくりと10回繰り返しましょう。

水泳で簡単ダイエット

 簡単なダイエット方法にはさまざまな方法がありますが、運動が苦手という方におススメするのが水泳です。体重が重い上に、運動が不足がちな人がいきなりハードな運動をすると足腰を痛めやすく、関節にもものすごく負担がかかってしまいます。しかし、水泳であれば水中での体全体を使った運動になるので、地上での運動に比べて関節への負担が少なくて済むという訳です。水泳といっても、いくらダイエットしなければいけないからといって、ハードに1日何百メートルも泳がなければならないなんていうことはありません。自分の自由に泳げる範囲でゆっくりと泳いでみたり、泳げない人もただプールの中を歩くだけでも充分なダイエット運動になります。水中で水の抵抗を受けるだけで、ダイエットに効果的な運動になる訳です。また、ダイエットのために水泳をされる場合は、なるべく「温水プール」を利用するようにした方が、1年中通えるという利点もありますし、何より、温水だと体を冷やさずに済みます。ダイエットに冷えは禁物ですので、1年を通して毎日少しずつでも水泳をして簡単なダイエットの効果に拍車をかけることが出来ます。水泳中、疲れを感じたら、無理をせずに休憩をとったりその日はもう引き上げるなどして、体に過度な疲労を与えないように気をつけましょう。それと、水中にいるのでついつい忘れがちですが、水分補給も忘れず行うように心掛けてください。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/1/26

Copyright (C) 2008 Diet Master. All Rights Reserved.